院長のごあいさつ 井上病院

院長ごあいさつ

井上病院 院長 辻本吉広

井上病院は昭和50年の開院以来、一人ひとりの生命を輝かせるため、患者さま本位の医療を提供することを病院の基本方針として腎・透析医療と地域医療の充実に取り組んでまいりました。
これからもこの精神は引き継ぎなら、さらに診療機能の充実と安心していただける医療・介護の提供を行っていきたいと考えております。

とりわけ腎・透析医療におきましては質の高い専門医療の実施、様々な透析合併症への対応を中心に取り組んできました。しかし近年は透析患者さんの糖尿病の増加や高齢化によって患者さんの体力、免疫力が低下し、感染症が大きな問題となってきております。
そこで我々は徹底した感染症対策だけでなく、栄養・運動療法での積極的な介入を行うことで、透析患者さんにいつまでも元気に生活していただける取り組みを進めています。

またもう一つの井上病院の柱である地域医療におきましては、当院は急性期病棟だけでなく地域包括ケア病棟を有しておりますので、大学病院や市民病院などの基幹病院と地域医療を担っておられる開業医の先生方の橋渡し的な存在として、地域の患者さまの治療のお役に立ちたいと考えております。

基幹病院での急性期治療後のリハビリにも、地域住民の方が体調をくずされた時や急な病気でお困りの時にも、気軽にいつでも利用して頂ける地域住民の方にとって身近な病院を目指していきたいと考えております。

緊急時情報 夜間の睡眠時間を有効活用「オーバーナイト透析」 介護負担の軽減や急用時ないどに、一時的な入院受け入れを行なっています。 井上病院の「健康教室」は、専門職が総合的に指導!お気軽にご相談を! 新規事業開始に伴い、スタッフを募集しています! 腹膜透析からの透析導入を推進する「PDファースト」

お問い合わせ

06-6385-8651

受付時間9:00 ~ 17:00

休診日日・祝・年末年始 12/30 ~ 1/3

24時間受付

ページの上部へ