平成30年度 井上 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 21 54 118 268 527 420  80
平成30年度に当院を退院された患者さんを10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
10件未満の人数は「―(ハイフン)」で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 13.27 12.05 13.73 76.45
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 41 20.98 12.58 9.76 75.93
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 28.72 20.92 7.69 82.56
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 34 31.47 35.72 5.88 76.47
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 25 15.76 14.21 0.00 69.84
当院の診療の中心が腎臓・透析分野であるため、内科の入院も腎臓関連が上位をしめています。保存期の慢性腎臓病の治療、透析導入、透析患者の合併症治療など腎臓分野全般の診療を行っています。合併症としては透析のブラッドアクセス関連の治療、誤嚥性肺炎や尿路感染などの感染症治療の症例が多いです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 3.43 8.75 0.00 74.92
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 27 17.63 35.72 0.00 72.88
110280xx02x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等22あり 定義副傷病なし - - 14.84 - -
110280xx97x10x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし - - 21.16 - -
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 - - 4.96 - -
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 34 39.24 19.61 0.00 81.22
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 34 41.35 26.30 11.76 81.20
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 19 34.68 24.26 10.53 72.69
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 12 40.00 21.39 0.00 69.08
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 12 33.50 18.25 0.00 80.83
当院では、①骨粗鬆症・②変形性関節症・③脊柱管狭窄症に力を入れており、それに伴う、①脊椎圧迫骨折の加療、大腿骨近位部骨折の手術加療②人工関節手術加療③脊椎の手術・保存加療による入院が多くなっています。

血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 42 7.95 11.01 4.76 74.35
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 4.04 5.50 4.00 71.06
050170xx0320xx 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし - - 51.37 - -
050170xx9720xx 閉塞性動脈疾患 その他の手術あり 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし - - 35.72 - -
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 18.71 - -
血管外科で扱う疾患は多岐にわたるものの、当院では①慢性下肢動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症)、②糖尿病性壊疽、③下肢静脈瘤などが、主なものとなっています。 しかし、DPCデータからもわかるように、①慢性下肢動脈閉塞症が入院患者の多くを占め、その中でも重症下肢虚血(CLI)と言われる壊死や安静時痛を伴うような重症例の患者さまがほとんどとなっています。府内の血管外科を標榜する施設の中でも、重症下肢虚血治療にほぼ特化した病院かと思います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 12 1.08 2.84 0.00 77.26
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110320xx99xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) 手術なし - - 9.29 - -
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし - - 4.29 - -
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 11.50 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 7.20 - -
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 - - 5.64 - -
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 -
大腸癌 -
乳癌
肺癌 -
肝癌 -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しています。10件未満の人数は「‐ハイフン」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 57 23.87 78.69
重症 - - -
超重症 - - -
不明
成人市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しています。
市中肺炎ガイドラインでは年齢、脱水状態、動脈血酸素飽和度、意識障害、収縮期血圧により、重症度を分類しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 11 28.90 83.38 11.1
その他 - - - -
脳梗塞は急性か亜急性かで治療内容が異なるため、「3日以内」と「その他」で集計しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 161 2.49 4.72 2.48 72.49
K610-3 内シャント設置術 36 11.61 14.53 2.78 72.68
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 12 13.50 30.42 16.67 77.83
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
透析に関連する手術が上位を占めています。シャント造設、人工血管移植、シャント閉塞時の血栓除去や経皮的血管拡張術を外科、放射線科と連携して行っており様々な症例に対応可能です。
また高齢患者が多く誤嚥性肺炎などに対して多職種によるチーム医療で対応していますが、それでも経口摂取が不可能になった場合は、家族との相談の上、胃瘻造設も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 72 0.56 2.60 0.00 73.81
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 27 1.93 14.33 0.00 72.75
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 76 1.58 12.24 6.58 73.57
K0842 四肢切断術(指) - - - - -
K6146 血管移植術、バイパス移植術(膝窩動脈) - - - - -
K0503 腐骨摘出術(足その他) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
DPCでは上記に示したようになっていますが、慢性下肢動脈閉塞症症例における2018年度(1~12月)の手術データでは、延べデータにて経皮的血管拡張術 133例、外科的血行再建術(バイパス術等) 17例、その他小切断など 57例、合計 207例となっています。 このように、末梢血管外科単独施設としては、かなり多くの症例数を誇っています。 また、手術創部・切断肢に対する補助療法としての、局所陰圧閉鎖療法やメンテナンスデブリードマンも積極的に行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 24 1.13 31.38 12.50 71.11
K0461 骨折観血的手術(大腿) 19 3.37 28.95 21.05 81.05
K0811 人工骨頭挿入術(股) 15 4.00 46.53 0.00 81.38
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
当院では、①骨粗鬆症・②変形性関節症・③脊柱管狭窄症に力を入れており、それに伴う、①大腿骨近位部骨折の手術加療②人工関節手術加療③脊椎の手術が多くなっています。


眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 12 0.00 0.08 0.00 77.26
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) - - - - -
K821-2 尿道狭窄拡張術(尿道バルーンカテーテル) - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる
180010 敗血症 同一 21 1.40
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 34 2.27
異なる - -
「同一」はある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行なったということを表し、「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。
更新履歴
2019/9/17