臨床指標(クリニカルインディケーター) 井上病院

臨床指標(クリニカルインディケーター)について

臨床指標(クリニカルインディケーター)とは、病院の機能や診療の状況などについて、様々な指標を用いて具体的な数値として示したものです。 指標を分析し、改善を促すことにより、医療の質の向上を図るとともに、患者さまにとって分かりやすい医療情報を提供することを目的としています。

平成29年度 井上病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC 病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1. 年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 18 35 96 134 357 586 428 57

平成29年度に当院を退院された患者さんを10歳刻みの年齢階級別に集計しました。
10件未満の人数は「―(ハイフン)」で表示しています。
【定義】
集計対象患者は平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)退院患者とする。
年齢は入院日時の満年齢とする。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

▼ 内科

当院の特徴である慢性腎不全での入院が多くなっています。
040081xx99x00xの肺炎は、当院の透析患者さまのみではなく、近隣の老人保健施設等からのご紹介の患者さまの入院もお受けしています。

DPCコード DPC 名称 患者数 平均 在院日数(自院) 平均 在院日数(全国) 転院率 平均年齢
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 95 17.4 12.23 6.3 72.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 29.3 20.83 6.5 81.9
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 29 19.7 14.55 0.0 71.8
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 28 26.5 12.34 25.0 66.3
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 25 35.3 36.38 8.0 70.5

▼ 外科

慢性腎不全に対するシャント作成に関する入院が多いです。
当院の患者さまだけでなく他院からも手術依頼をお受けしています。

DPCコード DPC 名称 患者数 平均 在院日数(自院) 平均 在院日数(全国) 転院率 平均年齢
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 4.2 8.50 2.1 67.6
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 40 12.7 36.38 0.0 71.9
110280xx02x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 15.68
180040xx97x1xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 43.87
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 15.25

▼ 整形外科

160800xx01xxxx股関節の骨折や、070230xx01xxxx変形性膝関節症の手術対象入院が多くなっています。
第4位の070160xx01xxxx手根管症候群などによる正中神経不全麻痺の手術入院も多く、透析合併症の治療も行っています。

DPCコード DPC 名称 患者数 平均 在院日数(自院) 平均 在院日数(全国) 転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 22 53.5 27.09 4.5 78.1
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 20 34.0 25.09 0.0 72.0
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 18 37.0 19.94 5.6 78.3
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 11 43.1 18.11 9.1 77.2
070160xx01xxxx 肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 10 5.1 5.51 0.0 69.5

▼ 眼科

眼科では白内障の症例が多いですが、一般病棟ではなく地域包括ケア病棟での入院となるため件数にはあがっていません。
手術件数としては下記に示す通り年間120例を行っています。

DPCコード DPC 名称 患者数 平均 在院日数(自院) 平均 在院日数(全国) 転院率 平均年齢
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 7.96

▼ 血管外科

血管外科では閉塞性動脈疾患の症例が大半を占め手術も多く実施しています。
透析患者さまの重症下肢虚血の症例も対応しています。他、下肢静脈瘤手術も入院で実施しています。

DPCコード DPC 名称 患者数 平均 在院日数(自院) 平均 在院日数(全国) 転院率 平均年齢
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 45 12.7 11.48 0.0 72.5
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 4.5 5.68 0.0 74.5
050170xx02011x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 あり 定義副傷病 あり 11 64.2 38.84 0.0 77.5
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 18.24
070071xx97xxxx 骨髄炎(上肢以外) 手術あり 36.34

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

癌の5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しました。10件未満の人数は「‐ハイフン」で表示しています。
【定義】
複数回入院した患者も1例としてカウントし、患者数は実患者数とする。
初発例としてカウントした患者は再発例にはカウントしない。

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌

成人市中肺炎の重症度別患者数等

成人市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。重症度は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)を用いて分類しました。
【定義】
入院のきっかけとなった傷病名、および最も医療資源を投入した傷病名が、肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード:040080相当)であるものとし、インフルエンザ等のウイルス性肺炎(DPCコード:040070相当)、及び誤嚥性肺炎(DPCコード:040081)は除外とする。
入院後発症の肺炎、一般病棟以外からの転入、他院からの転院も除外とする。

患者数 平均 在院日数 平均年齢
軽症
中等症 46 18.7 75.7
重症 9 41.4 84.0
超重症
不明

脳梗塞の患者数等

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。 【定義】 最も医療資源を投入した傷病名の脳梗塞ICD-10コードの上3桁で集計する。

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
12 29.6 71.3 8.3

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

▼ 内科

透析患者さまの透析シャントPTAを多く実施しています。

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 205 1.4 5.3 2.0 73.0
K610-3 内シャント設置術 28 7.5 18.6 10.7 69.4
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 17 9.3 20.8 5.9 71.2
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 0.5 0.9 0.0 65.4
K654 内視鏡的消化管止血術

▼ 外科

透析シャント関連の手術が多くなっています。腹膜透析の手術も行っています。

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢
K610-3 内シャント設置術 58 0.5 2.1 1.7 68.1
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 37 1.4 12.2 0.0 70.7
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 10 0.2 4.8 0.0 72.2
K6072 血管結紮術(その他)
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

▼ 整形外科

人工関節置換術の内訳は膝関節23件、股関節3件です。
神経剥離術は、手根管症候群の正中神経不全麻痺に対する治療として行われています。
その他、骨折やリウマチに関する手術も実施しています。

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術(膝・股) 26 1.3 33.6 0.0 70.2
K0461 骨折観血的手術(大腿・上腕) 13 4.0 46.7 7.7 75.3
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 11 5.2 58.4 0.0 71.3
K0811 人工骨頭挿入術(股) 10 7.6 51.4 0.0 78.7
K1882 神経剥離術(その他)

▼ 眼科

大学病院と連携し、白内障の眼内レンズ挿入術を実施しています。

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢
K0821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 120 0.0 0.3 0.0 74.4
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)

▼ 血管外科

閉塞性動脈硬化症に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術を多く実施しています。
血管移植術、バイパス移植術は、他部位も併せると10件以上実施しています。

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 100 2.1 19.7 8.0 73.5
K6145 血管移植術、バイパス移植術(下腿、足部動脈)
K0503 腐骨摘出術(足その他)
K6146 血管移植術、バイパス移植術(膝窩動脈)
K043-33 骨髄炎手術(骨結核手術)(足その他)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率を集計しました。
DPC病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計しております。
「同一」はある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行なったということを表し、「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。
【定義】
最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固(DPCコード:130100)、敗血症(DPCコード:180010)、その他真菌症(DPCコード:180035)、手術・術後の合併症(DPCコード:180040)について患者数をカウントし、全入院患者に対する発症率を掲載する。(DPC6桁分類とする)発症率はそれぞれの患者数÷全入院患者数×100とし、少数は2桁まで掲載する。
一入院(三日以内再入院を除く)1カウントとする。

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 1.9
異なる

更新履歴

2016/9/24  平成27年度版データ初版
2017/9/28  平成28年度版データ更新
2018/9/28  平成29年度版データ更新

緊急時情報 夜間の睡眠時間を有効活用「オーバーナイト透析」 介護負担の軽減や急用時ないどに、一時的な入院受け入れを行なっています。 井上病院の「健康教室」は、専門職が総合的に指導!お気軽にご相談を! 新規事業開始に伴い、スタッフを募集しています! 腹膜透析からの透析導入を推進する「PDファースト」

お問い合わせ

06-6385-8651

受付時間9:00 ~ 17:00

休診日日・祝・年末年始 12/30 ~ 1/3

24時間受付

ページの上部へ