在宅透析井上病院

在宅透析について

在宅血液透析とは

病院で行う施設血液透析と違い、在宅血液透析は自宅に透析装置を設置してご自身で透析準備から穿刺、透析後の片付けまでを行う透析治療です。通院時間が不要となるため、時間に余裕ができ、ご自身のライフスタイルに合わせた透析が可能になります。 また施設透析と違い、透析の回数制限がないため、回数を増やすことで十分な透析ができるので飲食制限も緩和でき、合併症を起こしにくくなります。

在宅血液透析を行うためには自己管理ができる方で、透析に対する知識や技術の習得が必要です。また介助者にも同意していただき、一緒に施設でトレーニングを行ってからの実施となります。 井上病院では現在5名の方が導入しており、医師・看護師・臨床工学技士などの専門チームが在宅血液透析をサポートしています。

詳細は「在宅血液透析のしおり」をご確認下さい。

在宅血液透析の患者さんの自宅に配置された透析装置

sample
在宅
自宅で安心、手軽に透析治療 腹膜透析からの透析導入を推進する「PDファースト」 夜間の睡眠を有効利用「オーバーナイト透析」 腎機能の悪化・合併症を防ぐ井上病院「糖尿病内科」「腎臓内科」 井上病院の手術 家族の負担を軽減!介護負担の軽減や急用時などにご利用いただける、一時的な入院受け入れ「レスパイト入院」 井上病院の公式YouTubeチャンネルはこちら 新規事業開始に伴い、スタッフを募集しています! 地震・台風などの緊急時にはこちらをご覧ください。
ページの上部へ